イオンカードの審査に落ちてしまった場合に考えられる要因とは?!

af0100037804

イオンカードは大変な人気がありますが、このイオンカードの審査に落ちてしまったという人はどんな理由が考えられるのでしょうか。
まず、クレジットカードの審査で一番大事な判断材料が年収ですよね。
年収の高い職業や安定した職業、勤続年数が長い人・・・であれば審査は通りやすいでしょう。
この年収の基準というのは200万円程度だと言われています。
もし、落ちてしまった場合、他のクレジットカードの審査に落ちた経歴がある場合があります。
半年から一年以内にクレジットカードの審査で落ちた人の場合、注意した方がいいでしょう。
クレジットカードの審査基準の一つとして、個人信用情報センターに登録されているデータを照会する事が多いです。
これはクレジットカードのデータだけでなく、過去に照会されたかどうかの記録も残っています。
なので、短期間の間でカードの照会が何度も行われたという履歴があれば、あちこちでクレジットカードを作っていると予想され、審査の時に不利になるのです。
何度もクレジットカードを作った場合、クレジットカード会社同士で共有している情報に、他の会社のクレジットカードの審査に申し込んだ時の履歴を見る事が出来るので、何度も頻繁に申し込みを行っているのがばれると、印象が悪くなってしまいます。
また、大量のクレジットカードを持っている場合にも審査に落ちる可能性があります。
はっきりした基準はなく、推測ですが、そういった場合が多いようです。
過去に滞納歴がある場合にも、審査には通りにくいです。
クレジットカードは、三か月滞納すれば、個人信用情報センターにその情報が記録されてしまうのです。
データは各カード会社で共有しているので、かなりマイナス情報として判断されてしまうのです。
最後に、多重債務者の場合はかなり審査に通りにくいでしょう。
返済能力があるかどうかで、他のクレジットカード会社から借入れがあるのかなりのマイナス要因です。
審査に通るかどうかの目安として考えたいのは年収の半分程度の返済額と言われているので、それを目安として覚えておくのがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る